2006/10/30

8/29『1分間ニュース番組を作ろう!』に挑戦!

SKIPシティ+早稲田大学川口芸術学校
地域の教育機関と映像教育の連動をめざして

 8月29日、埼玉県内高校の放送部員80名が早稲田在校生とともに、映像ミュージアムなどSKIPシティの各施設を取材・撮影。1分間のニュース映像の制作に挑戦。

[PDF版]

『1分間ニュース番組を作ろう!』に挑戦!
「SKIPシティ」の施設を実際に取材・撮影・編集等をして、短時間でニュースを作るワークショップ 、映像制作ワークショップ 。早稲田川口在校生がサポート。映像ホールにおいての講評会では、上映と同時に生ナレーションで発表いたしました。本校講師・吉田貞夫氏(元NHKカメラマン)を含むプロの方により、映像作りに必要なアドバイスを頂きました。ごく短時間で、取材から撮影、レポート作成まで、映像化する難しさ、ニュース番組を作るプロセスを楽しみながら体験してもらえました。これからの高校生のみなさんの活躍を期待しております。
地域の教育機関と連携
 今後も早稲田川口は、高度な専門教育機関として、地域の各教育機関と連携してまいります。本年で3年目の川口市立舟戸小学校と本校教員及び在校生による映像制作や、本校教員が講師として川口市立総合高校や県立鳩ヶ谷高校の映像関連授業なども行っております。SKIPシティとともに地域や社会との交流を促進し、これからの映像によるコミュニケーションの時代を牽引する人材育成を積極的に実施してまいります