2006/11/22

[デジタルシネマゼミ2年]脚本と演出

2年生はゼミ所属後初となるドラマ作品の企画が進み、脚本の見直しとキャスティングとロケ先の確保など段取りを行っています。指導に当たっているのは、長尾啓司先生(映画「時代屋の女房2」(1985) 監督 /脚本など)。学生の個々の人生経験などを勘案して、脚本の発想のプロセスの理解とアドバイスを指導しておられます。オリジナル脚本のドラマ制作は、学生にとって想定外の問題を提起し、解決するための知恵を与えてくれます。
 

<写真・文>客員講師(専任) 角井 英司Posted by Picasa