2006/11/05

エイズ・アウェアネス・JAZZコンサート2006 学生3名が収録参加

早稲田川口の3年生3名がストリーミング配信する番組のカメラマンとして以下のイベントを収録に参加しました。SKIPシティ・映像ホール初の音楽イベントの収録です。公開が決まりましたらまたお知らせ致します。

SKIPシティ:エイズ・アウェアネス・JAZZコンサート2006

オフィシャルサイト
http://www.redshoesf.com

レッドシューズ・ファウンデイション(RSF:理事長 仙波英正)では、アメリカで活躍するベイシスト中村照夫とともに、「JAZZコンサート」というステージ・パフォーマンスを通して、エイズの問題を提起し、ともに考える活動を10年間にわたって展開してきました。
日本は、先進国にもかかわらずエイズ患者が増え続けており、また、国内で見ると、東京から地方へと患者の所在が分散している傾向にあります。
また、2005年に行われた「エイズに関する意識調査」によれば、90%以上の人が、「エイズは自分とは関係のない他人事」と考えているという実態が明らかにされるなど、エイズに対する危機意識の低さが大きな問題となっています。
RSFは、エイズの問題を悪化させるのも、あるいはこれを食い止めるのも、一人ひとりの人間であるとの視点に立って、エイズに関する知識を多くの人々に提供するための活動を展開していますが、今回は、埼玉県川口市にありますSKIPシティ・彩の国ビジュアルプラザを会場にして「エイズ・アウェアネス(エイズのことを理解する)」を訴えることといたしました。
当日は、中村照夫&ライジング・サン・バンドの素晴らしい演奏に先立ち、日本大学医学部の澤田滋正 教授にエイズに関する講演をお願いすることとしておりますので、本場のJAZZを楽しむ機会に合わせてエイズに対する関心と理解を深めていただければ幸いです。



日時 11月4日(土)16:00開演(開場15:30)
11月5日(日)14:00開演(開場13:30)
会場 彩の国ビジュアルプラザ4F 映像ホール
構成 【第1部】
エイズに関する講演 日本大学医学教授 澤田滋正氏
HIV/AIDSボランティア活動者からのメッセージ

【第2部】
JAZZコンサート 中村照夫&ライジング・サン・バンド
Teruo Nakamura(bass)
Jay Rodriguez(sax & flute)
Victor Jones(drums)
Bill Washer(guitar)
Bill Ware(vibraphone)
Joe Berger(eng. & guitar)
申し込み方法(入場無料) 住所、氏名、参加者人数、電話番号を明記のうえ、ハガキまたはファックスでお申し込みください。(定員:両日とも270人)

【申込先】
〒333-0844 川口市上青木3-12-63 彩の国ビジュアルプラザ
エイズ・アウェアネス・JAZZコンサート係
FAX番号 : 048-265-2607
電話番号 : 048-265-2538
お問い合わせ SKIPシティ・彩の国ビジュアルプラザ
電話番号 : 048-265-2502