2008/04/21

まずは一本の鉛筆から

新1年生の授業が始まりました!今日から始まった「視覚表現基礎」では、映像やアニメーションの基本となる鉛筆デッサンに挑戦しました。自分の「手」をモチーフに、絵を描くのが苦手な人も、一度経験した人ももういとど基本に立ち返って、明暗や空間を意識しながら素描しました。どんなに高度な技術を要する映像作品も、まず最初は一本の鉛筆から、という長校長の指導の下、皆一心に手を見つめて描きました。

インターネット放送の本番にむけて

新学期がはじまりました。2年生の「映像基礎J」では、実際に学生によるライブ中継のための演習が行われています。この日は、カメラ、照明、中継機器を設置する練習と、簡単なリハーサルが行われました。それぞれ学生さんは自分の担当部署の作業を真剣に学びました。本番は来週週末です。皆さん頑張って!

5月3日(土)13:00-インターネットライブ