2008/04/21

まずは一本の鉛筆から

新1年生の授業が始まりました!今日から始まった「視覚表現基礎」では、映像やアニメーションの基本となる鉛筆デッサンに挑戦しました。自分の「手」をモチーフに、絵を描くのが苦手な人も、一度経験した人ももういとど基本に立ち返って、明暗や空間を意識しながら素描しました。どんなに高度な技術を要する映像作品も、まず最初は一本の鉛筆から、という長校長の指導の下、皆一心に手を見つめて描きました。