2008/07/30

建築と映像・音楽のコラボレーション!




軽井沢セミナー最終日は、建築科の丸山先生の「屋外スクリーンをつくる」と共同して、川口校の瀧先生主導で、「映像班」と称しセミナーハウス内で撮影した写真を、音に反応して動くライブビデオソフトを使って、スクリーンに投影する実験を行いました。途中豪雨に見舞われて、せっかく建築ゼミ参加の学生さんが作ったスクリーンが一度壊れてしまうハプニングもありましたが、ご覧のとおり夕方のゼミ発表時には美しい構築物に映像が映され、空間映像科のサンバゼミの音楽に反応して映像が動き、話題となりました。

このほかスポーツゼミやサイクリングゼミ、街歩き、自然と遊ぶ、サンバ音楽など様々なゼミが開催され軽井沢セミナーは無事終了しました。

(写真)丸山先生(中央)と学生さんが有機的で立体的なスクリーンを作っている様子(下)、陽が暮れると三台のビデオプロジェクターでほぼ全面に映像が映されました(中・上)