2012/02/01

劇場映画で活躍する早稲田川口卒業生たち!!

活躍する早稲田大学川口芸術学校の卒業生の活動を紹介します。


当校第1期生の小林 達夫 君が長編映画の監督を務めた「カントリーガール」が公開されました。
前作「少年と町」が京都国際学生映画祭でグランプリを受賞した小林達夫の初長編作品で、当時の映画祭の審査員 渡辺あやさんが脚本を手がけています。監督の地元京都を舞台に、観光客を騙す高校生の日常と、 伝統の側に生きる舞妓との出会いを描いた青春映画とのこと。

詳細はこちら http://www.countrygirl-movie.com
©カントリーガール


3期生の奥田 庸介 君の劇場映画第一作「東京プレイボーイ」が公開されております。「久しぶりの大物新人」と評され、釜山国際映画祭、東京フィルメックス、ロッテルダム国際映画祭などはじめ国内外の映画祭出品を経て、劇場公開となりました。

東京プレイボーイクラブ 公式サイト
http://tokyoplayboyclub.jp/




©2011東京プレイボーイクラブ